小学校受験のための具体的なスケジュール

小学校受験は、子供が幼稚園の年長になった年の10月から11月に本番を迎えます。この時期を目指して小学校受験の準備を始めるわけですが、どのくらい前からどのようなスケジュールで取り組むことが必要なのでしょうか。一般的には幼児教室に通って準備をしていくことになりますが、幼稚園に入る前から通うことができる幼児教室もありますし、家庭によっては小学校受験を決めるのが遅く、幼児教室へも一年しか通えないという場合もあるかもしれません。しかし、入念に準備したほうが合格する可能性が高くなることも事実です。しっかりとしたスケジュールを組むことは、子供にとっても負担が少なくなります。計画的に準備を進められるように、具体的なスケジュールを確認しておきましょう。

小学校受験は付け焼刃は通用しません

小学校受験のために通う幼児教室は、早ければ幼稚園入園前から通って準備を始めます。小学校受験で求められることは、礼儀作法、積極性や知恵があること、コミュニケーション能力などがきちんと培われているかどうかです。こうしたものは短期間で教えられるものではなく、周りの環境や根気よく自ら学んでいくことなどが必要になってきます。これが、長期にわたって準備したほうが合格の可能性が高くなる理由です。生活態度や言葉遣いなども、普段からきちんとしていなければ試験管にはすぐばれてしまいます。子供が自然に身に着けていることこそが大事なのです。また、模擬試験やテストなどに毎回慣れていくことは子供にとっても自信がつきますし、親にとって安心です。できるだけ多くの機会を設けるようにしてあげましょう。

目標をしっかりと定めて進みましょう

小学校受験が決まったらできるだけ早く習い事にも行くようにしましょう。これも短期間では何も得られないので受験の一年以上前には始めているようにします。幼児教室でも年長になると学校別の対策講習などが始まります。最初から志望校が決まっている場合は問題ありませんが、漠然と小学校受験をしようと思っている方でも、この時期までには志望校を決めましょう。また、年間を通して家庭でできる学習をおろそかにしてはいけません。何事にも興味を持つということは大事ですし、季節の行事や旬の果物などは家庭学習で得られる知識です。まだ小さな子供にとって学習は遊びでもあり、ゆっくりと繰り返し触れることで初めて身に着けることができることを忘れてはいけません。年長の一年は最も慌ただしく最も重要な時期になります。自信をもって親子で小学校受験に挑めるように、しっかりと対策準備をしましょう。